ファスティング・ダイエットでリバウンドするのはなぜ?

私も以前、ファスティング・ダイエットをして、リバウンドした経験があります。

ファスティングは、酵素ドリンクなどで食事を置き換え、
きちんと栄養を取るようにすれば、リバウンドはしにくいと言われますよね?

でもなかなか、そう簡単なものではなく、
ファスティングでリバウンドしてしまう人は多いようです。

なぜファスティングはリバウンドしてしまうのか、その理由をまとめました。

リバウンドする理由とは?

ファスティングでリバウンドシてしまう理由は、2つあるようです。

理由1 体が飢餓状態になっている

ファスティングをし、食事を極端に減らしてしまうと、
体は「飢餓状態」に入るそうです。

飢餓状態は、食べ物が少なくても生きていける体のモードで、
人間は進化の歴史で、そのようなモードを獲得してきたみたいです。

体が飢餓状態に入ると、エネルギーの消費量を少なくし、
食べ物が少ししかなくても生きていけるようになるようです。
スマホの省電力モードみたいですね!

ところが問題は、ファスティングが終わったあと。

十分な食べ物を食べられるようになっても、
体はすぐには飢餓状態からは脱しないのだそうです。

飢餓状態の、少ないエネルギーで生きていけるようになっているところへ、
食べ物はたくさん入っていてしまう、、

そこで、余った分のエネルギーは、脂肪として蓄積されてしまう
=リバウンドしてしまうということのようです。

理由その2 満腹感が得られなくなる

ファスティングをして、食べ物がちょっとしか体に入ってこなくなると、
満腹中枢を刺激する物質「レプチン」が、分泌されなくなるそうです。

ファスティングをすれば、満腹になることはなくなるわけですから、
満腹中枢を刺激する必要もなくなるということなのでしょうか。

ファスティングをやめ、たくさん食べるようになると、
それではまたレプチンが分泌されるのかというと、そうではないのだとか。

正常通りレプチンが分泌されるようになるまで、
ファスティングをやめてから、1ヶ月くらいがかかるそうです。

なのでファスティング後は、食べても食べても満腹にならないというわけ。
それでは太ってしまうのも、仕方がないことですよね?

ダイエットは長い期間をかけてするのがオススメ

以上のように、急激なダイエットは、リバウンドの危険があるわけです。
1ヶ月で、体重の5%以上を減らすと、リバウンドしてしまうのだとか。

なので、やはりダイエットは、
長い期間をかけ、徐々にしていくのがいいということですね?

スルスルこうそを使ったダイエットなどはその点、
リバウンドの心配がなく、オススメだと思います。