食べ方に気をつけると太りにくくなるのだとか!

ダイエットは、運動したり、食べたいものを我慢したりの、
ツライ努力が必要となるイメージがありますよね?
でも「食べ方」そのものに気をつけることにより、太りにくくなるそうです。

そのポイントを紹介します。

まずは食べるタイミングが重要

まず重要なのは、「食べるタイミング」なのだとか。
規則正しく食べることは、何より大事みたいです。

それから、「血糖値が上がるタイミングで食べる」ようにすると、
カロリーを消費しやすくなるとのこと。

そのタイミングとは、

  • 午前6時〜7時
  • 午前10時〜11時
  • 午後4時〜5時

頃なのだそうです。

3食のバランスを考える

夜に炭水化物をガッツリと食べるのは、やはりあまり良くないようです。
炭水化物が代謝される前に寝てしまうので、
脂肪として蓄積されてしまうのだとか。

炭水化物は朝と昼にガッツリ取って、夜は少なめ。
炭水化物をすべて代謝しきってから寝るのがいいみたいです。

消化しにくいものは昼までに

炭水化物を朝と昼に食べるとともに、
「消化しにくいもの」を昼までに食べるようにするのが大事のようです。
食べ物は、すべて消化してから寝ないと、脂肪になってしまうのだとか。

揚げ物や肉類など、油っぽい食べ物も、
昼までに食べるようにするのがいいみたいです。
それで夜は、野菜中心のメニューにするのがおすすめということです。

スルスルこうそで代謝をさらに活発に

つらいダイエットをしなくてすむようにするために、
さらにおすすめなのは、スルスルこうそ。
スルスルこうそは、酵素で消化をサポートし、代謝をアップしてくれます。

太りやすくなる大きな理由は、
消化に酵素を使いすぎ、代謝が下がるからだとか。
スルスルこうそを飲むことで、それを防げると思います。